FXにおける流動性リスク

FXをはじめるにあたっては、特有のリスクがあることを知っておくことがたいせつであり、それが結果として損失を予防し、利益を大きくすることにつながります。そのなかでも、為替相場の変動そのもののリスクに次いで、FXのリスクとして大きなものが、流動性リスクとよばれているものです。


FXというのは、外貨の売買による差益を得ることが主とした目的となっていますので、まずは買い手と売り手の両方があることが条件となります。



FX業者というのは、つまるところ、その両者のマッチングをしている存在ということにほかなりません。



ところが、たとえば新興国の通貨を保有しているときに、いきなりその国でクーデターが勃発して政権が転覆してしまったとか、あるいは巨大地震にみまわれて経済発展が絶望的になってしまったといった場合には、世界中の誰もがその国の通貨を早く売り払ってしまいたいと考えますので、買い手が容易にはあらわれなくなってしまいます。

リクナビNEXT JOURNAL情報サイトです。

こうした場合、想定していた価格よりもはるかに低い価格で売却をせまられることがありますし、最悪の場合には、FX業者からレートが配信されなくなってしまうといった事態もありうることです。

米ドルのような政治体制がしっかりしている国のメジャーな通貨であれば、流動性のリスクはあまり考慮しなくてもよいかもしれませんが、ことに新興国の通貨の場合には、流動性リスクを常に考慮しておかないと、たいへんな損失を抱えてしまうことになります。